休日C(振休と代休)

【振替休日(振休)と代替休日(代休)、同じ感覚で使っていませんか?】

 

休日と休暇に続き、もうひとつしっかり区別しておきたいのが

「振替休日(振休)」と「代替休日(代休)」です。

 

非常にニュアンスが似ており、

同じ意味合いで使っている会社もあるのではないでしょうか。

 

しかし、この二つも全く別物ですので、しっかりその違いをつかんでください。

 

 

【振替休日(振休)とは?】

休日の振替とは、あらかじめ(事前に

就業規則等で休日と定められている日を労働日とし、

別の労働日とされている日を休日として指定することをいいます。

 

ひらめき振替休日のポイントは次の4つです。

@就業規則に「休日の振替を行うことがある」旨の記載がある

A事前に振り替えする日を指定しておく

B当初の休日は労働日になる

C同じ週内に指定した場合、割増賃金の支払い不要

 

 

【代替休日(代休)とは?】

一方、代替休日(代休)とは

休日労働した後に、その代償として休みを後日与えるものです。

休日労働をした事実は消えていません

 

ひらめきポイントは次の通り。

@当初の休日はあくまでも休日のまま

Aよって、割増賃金の支払いが必要

B時間外・休日労働になるので、36協定の届出が必要

C代休をあたえるかどうかは会社の判断で決めることができる

 

振替休日が就業規則に記載しなければ利用できないのに対して、

代替休日は会社の任意で与えることができるものです。

逆に言うと、「就業規則に“代休を与える”という記載をする」ということは、

「必ず代休を与えます」という意味になってしまいますので、注意しましょう。

 

 

【振替休日が週をまたいだ時は要注意】

結論的にいえば、

振替休日が週をまたぐと、割増賃金が発生することがあります

 

「え、振り替えたら休日が入れ替わるんだから、

割増賃金はいらないんじゃないの?」

とお思いになる方もいるかもしれませんが…

 

週をまたいだ振休の場合、

振替によって「休日が置かれた」週には割増の話はでてきません。

振替によって「労働日が置かれた」方の週がポイントです。

 

例えば、

振替前に<1日8時間、週5日勤務で40時間>となっている週に

更に振替による出勤で1日(8時間)働くと、

この週の総労働時間は<48時間>となり、

ひらめき1週間の法定労働時間40時間を超過=時間外割増賃金の支払い必要

ということになってしまうのです。

 

(同一週内であれば総労働時間は40時間で変わらないので

割増賃金は発生しない、ということです。)

 

この点は「振り替えをしたら割増賃金不要」と勘違いされているケースが多いので、

十分に注意しましょう。

無意識に「賃金未払い」にならないように!

 

なお、ここでいう「同一週」のスタート曜日は会社で決定できます

就業規則に明記しておきましょう。

記載がない場合、「日曜日」スタートとして取り扱われます。