当事務所の就業規則サポート

ここで、

当事務所の就業規則整備・コンサルティング

(新規作成、変更)  

【コース】
(目安期間)
費用(税別) 

 業務内容

【診断コース】

 (目安期間:
データお預かり後、
約1〜2週間)

 

50,000 

・データをお預かりし、現状規程の法的・管理的リスクを診断、書面にて見直しのポイントをご報告致します。

 訪問回数目安(ご報告):0〜1回

 ・規程の修正業務は含みません。

 ・コンサルティング業務は含みません。

【スピードコース】

(期間:1ヶ月)

 

100,000

・対象規程:「就業規則本則」「賃金規程」「育児介護休業規程」

訪問回数目安:2〜3回

・「法的なリスク」を明確化し、最低限労働基準法をはじめとする法律に抵触しない内容にするのは言うまでもありません

・一般的な「モデル就業規則の盲点」をカバーした、リスク回避(会社を守る)タイプの就業規則です。 

・スピードコースの特徴として、「当事務所からのご提案」をメインとして業務を進行致します。

データ納品

・行政機関への届出代行は含みません。

【おすすめコース】

(目安期間
2〜3ヶ月)  

月額
80,000

(最低限2ヶ月〜) 

・対象規程:スピードコースと同様。

「雇用契約書」「36協定」の作成アドバイス

訪問回数目安:6〜8回

・法的なリスク管理+就業規則による「人事労務上のリスク管理」のポイントを条文に反映、その解説(運用ポイント)もあわせて行います。

・お客様(会社)の独自性や考え方をより就業規則に反映させていきます(ヒアリングの時間を増やします)。 

・データ納品

・行政機関への就業規則届出代行。

期間中、「顧問契約相談コース」のサービスを無料でご提供! 

【フルコース】

(目安期間
5〜6ヶ月)

月額
70,000

(最低限4ヶ月〜) 

対象規程:御社とのヒアリングにて決定。御社の想い、完成イメージを形にします。
(原則、
規程数の制限はありません。

訪問回数目安:10回〜15回

【おすすめコース】における全てのサービス共通

御社の業務内容に応じた労働時間管理方法のご提案、「変形労働時間制」の導入案内、書類作成、初回届出。

メンタルヘルス、セクハラ、パワハラなど、昨今問題が起こりやすくなっているポイントを詳しく解説し、条文に反映。

・世界に1つだけ!御社だけの「経営者のための就業規則運用ポイントマニュアル」を作成。

期間延長

原則として、
各コースの月額分

各コースの「(目安)期間」を超過した場合に対応。詳細は個別にお見積り致します。

就業規則
ワンポイント変更

 5,000円〜

「おすすめコース」または「フルコース」完了後就業規則を一部変更する場合ご利用ください。
※費用は変更内容・ボリュームにより変わります。ヒアリングの上、業務受託前にお伝えいたします。

オプション

内容 

従業員説明会
(約1時間程度)

 30,000/回

・今回の説明会の趣旨

・新しい就業規則の概要・質疑応答

管理者研修
(約2時間程度)

 60,000/回

・管理者が知っておくべき労務知識

(時間管理、安全配慮義務、セクハラ、パワハラ、メンタルヘルス、退職者への対応、能力不足者への対応など)

労使協定の作成
(1協定につき)

20,000

労使協定の作成・届出代行

(次回以降の更新業務は含みません)

雇用契約書フォロー
(雛形提供と作成後確認)

20,000

期間の定めあり・定めなしの2パターン

(個別従業員ごとの作成は含みません)

 

※上記報酬額表金額は税別価格です。

※就業規則や付属規程が「紙ベース」でしか(データとして)存在しない場合、

 別途「入力費用」がかかる場合があります。

 その際は事前にお伝えいたしますのでご相談下さい。