休日B(休日数と割増賃金単価)

【休日数で割増賃金が変わる?】

休日か休暇かの違いは割増賃金の計算にも影響します。

 

1年間で夏休みと冬休み合わせて10日の休みがある場合、

この夏休みと冬休み10日間が「休日」か「休暇」かによって、

必ず支払わなくてはならない割増賃金の金額は変わってきます。

 

法律で決まっている割増賃金の単価(A)は

 

  割増賃金計算に算入すべき賃金(B)  
   1年間の平均所定労働時間(C)

 

で計算されます。

 

この分母にあたる「1年間の平均所定労働時間(C)」は

  1年間の所定労働日数(D)×1日の所定労働時間。

 

つまり、夏・冬休み10日間が「休日」なら

 休日が増える

→1年間の所定労働日数(D)が減る

→割増賃金計算の分母(C)が減る

→仮に(B)が同じであれば

→結果として割増賃金単価(A)は増える。

 

つまり、ざっくりと言ってしまうと、

<夏休みや冬休みが「休日」だと、割増賃金が高くなる>

ということです。

 

<風が吹けば桶屋がもうかる>

みたいな話ですが、

こういう意味でも「休日」「休暇」は明確に区別しましょう。